日本国旗 英国国旗  ようこそゲストさん! ログイン

WISTORY

WISTORYはワインを愛する人々のための便利ツールです。

WISTORY 管理人日記の表示

管理人コラム

日記デザイン

時間と体力が無いとワインは飲めない

カテゴリー:その他

2018-10-14


ただ今サーバの引っ越しに伴う作業中で、システムが正常に動かない状況で、大変ご迷惑をおかけしています。

こうなることを恐れて、ずっと古いバージョンの言語を使っていましたが、もっと使いやすくするには新しいバージョンを使う必要があり、まずは単純にお引越しをしている最中です。

微妙にお約束事が変わり、細かいプログラムの修正が必要なのですが、大筋はOKなのに、細かい所で原因の究明ができていないところがあります。これを毎日やっているプロの方は本当に大変ですね。解決できずにはまってしまうと、同じところで4時間・5時間と費やしてしまいます。噂ではやはり、プロの方は休日・昼夜を問わず作業に明け暮れることが多いとか。深夜のコンビニの常連さんになっておられる方も多いようです。

私はとりあえず毎日家には帰ることにしていますが、遅くに帰ると、ワインを飲む余裕がありません。そこまで疲れ果ててしまいます。

早く問題を解決してゆっくりとワインを楽しみたいものです。


日記デザイン

出汁がメインのおうどん

カテゴリー:その他

2018-10-02

写真


最近ついついリピートしてしまう店。それは『本町製麺所 天 ルクア大阪店』です。

このお店は、黒門市場にある山長商店という、鰹節や昆布の店(すなわち出汁屋さん)がやっているうどん屋さん(夕方になるとおでんもある)です。

ここの出汁は半端ない!! 食べ終わってから1時間くらい口の中に出汁の余韻(香り)が残るんです。ここでは、麺もちく天も葱も、出汁を味わうための薬味のようなものといっても過言ではありません。

ルクア(JR大阪駅のノースゲートビル)のB2、バルチカの一角にあるのですが、ここには行列のできる店が多数あり、この本町製麺所も食事時には列ができるものの、並びにある『銀座 篝』や『魚屋スタンドふじ子』に比べたらその列はそう長くはありません。でも私の評価は断然本町製麺所が上です。

素晴らしいワインでも、ここまでの余韻は望めません。それは香りの質が異なるからだと思いますが、ここの出汁を味わわずしてワインを語ってはいけない(笑)かも知れません。


日記デザイン

大勢への挑戦

カテゴリー:その他

2018-09-25

写真


ワインと関係のない話で、またまた恐縮です。

宇宙旅行を予約したので話題のZOZOタウンの前澤さん。ワイドショーなどでひとしきり彼の生き方や発言を扱っていましたね。それ以前に剛力彩芽さんと付き合っていることで話題になっていた時は、へーって感じでそれほど彼に関心は無かったんですが、宇宙話以来、実に羨ましい方だと思うようになりました。

何が羨ましいかって、もちろんお金持ちってこともありますが、自分の作った会社を、自分の思想で運営していらっしゃるところが最も羨ましいところです。企業のトップですから、当然マイワールドを創れるのですが、それでも何か少し上手くいかないと、世間の常識的な方に引っ張られるのが世の常。一つ間違えば巨額の報酬や、破格な買物に対して後ろ指を指されるところを、堂々とやってのけているのがすごいです。彩芽さんもこういう人と付き合ってしまうと、もうそんじょそこらの男ではあほらしくなるはずです。

自分自身を振り返ると、やはり年上の上司など上の方々の旧態依然とした考えや価値観を打ち破りたくても打ち破れないというジレンマにイーっとなりながら人生を送ってきた気がします。

そしてここへ来て貴乃花親方が廃業するとのニュースが飛び込んできました。何と悲しいことでしょうか。彼は大相撲の古い体質に対し、改革にチャレンジしていたのに、「廃業せざるを得ない有形無形の要請」を受けたとして本当に廃業することになってしまったようです。

実に前澤さんとは対称的です。置かれている場所が、伝統を背負った相撲界だけに、それを変えるのは各種の業界の中でも最も難しかったに違いありません。残念でなりません。


日記デザイン

ワクワクするファッションのハイブランド

カテゴリー:その他

2018-09-21

写真


ファスト・ファッションの台頭で、行き場を失った感が強かったファッションのハイブランドが、ここへ来てやっと息を吹き返したかに見える(ビジネス上の実績が伴っているかは未確認)。

数年前、単なる無地のセーターが、FFなら1900円、HBなら45000円なんてこともざらで、まあそりゃあ素材が違うとかはあるものの、ベーシックな無地のセーターならユニクロでいいじゃんと突っ込んだものだ。

去年・おととしくらいは、ならばと、HB側は新たなテキスタイルを開発し始めたわけだけど、ちょっとやり過ぎ感があって、普通の人が仕事で着られるような代物ではなかった。悪く言えばゲテモノ。

それが今年あたりから、各ブランドの個性の出し方が落ち着いてきたというか、流石はHBとわかるのに、ゲテモノではない本当のおしゃれ感を醸し出す素材開発やテキスタイル、味付けとするようになったと私は思う。ちなみに私はファッションの専門家ではないので悪しからず。

だから、ウインドウショッピングがとても楽しいし、日常にも着れそうで、ワクワクする。

ところでワイン。さて、ワインの有名ブランドはどうだろうか? ものによっては、5分の1くらいの値段で同等の味わいのワインが買えたりしていないだろうか? いや、していると思うのだ。

今の所名前だけで買ってくれる顧客がいるので危機感はないようだが、この状態がいつまで続くだろうか? 知っている人は「この程度の味なら2500円のアレで十分。」と思っているにちがいない。ワインだって値段相応の値打ちがないことには困る。


日記デザイン

ウォッシュタイプのチーズが・・・

カテゴリー:ワインと料理

2018-08-21

写真


クアトロフロマッジオのパスタが食べたいと思い、4種類のチーズを買い集めようとしたら、ウォッシュタイプのチーズが手に入らない。どういうこと?

軽~いウォッシュタイプなら百貨店やスーパーで売っているのだが、本当によく熟成したタレッジオとかマンステールが見当たらないのだ。要は売れないんだと思う。

それにしても、かつては素晴らしい品ぞろえだった阪急百貨店梅田本店も、最近は品揃えがイマイチである。思いあまってというか、ついでもあったので、六甲道近くのチーズ専門店「アンジョリーノ」へ行こうとしたんだけど、車が停められなくて断念。この前行った時も近くのコインパーキングが1台分だけあいていたので何とかいけたのだが・・・。

日本のチーズ文化はなかなか進歩しない。何度も、また多くの経営者がチャレンジしては失敗したのを見てきた。ようやくカマンベールとかブリーなどは定着してきたし、グリエールやマリボー、ミモレットあたりはどこでも手に入るんだけど、これらはあまりクセのないものばかり。

ワインのすそ野がかなり広がってきたのだから、チーズももっと広がって欲しい。そうそう、オリーブの量り売りも梅田ではなくなってしまった。これも残念。

(9月14日 追記)
つい4~5日前から、丁度いい加減のウォッシュタイプのチーズがどの店にも並ぶようになった。多分エポワスだと思う。荷が着いたのかも。


タイトルINDEX



2018-10-14
時間と体力が無いとワインは飲めない


2018-10-02
出汁がメインのおうどん


2018-09-25
大勢への挑戦


2018-09-21
ワクワクするファッションのハイブランド


2018-08-21
ウォッシュタイプのチーズが・・・


2018-08-16
BBRはいいかも


2018-07-26
かつてここにも登場したイニエスタのワイン


2018-07-18
2回目に飲むと評価が下がる


2018-07-12
サッカー界にも中国マネー


2018-07-03
「悔しい!」ニッポン散る。



カテゴリーINDEX



ワインの成り立ち (16)


造り手・ワイナリー (8)


ワインと料理 (13)


ワインの科学 (9)


ワインショップ (23)


ワイン周辺ツール (4)


レストラン/ワインバー (13)


本・テレビ (29)


データ分析 (13)


ワイン以外のお酒 (6)


その他 (80)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44


利用規約 ご利用のガイドライン プライバシーポリシー

Copyright(C) WISTORY